カビを徹底的に掃除する方法を大公開!!壁や床をピカピカにするにはコツとは!?

カビは、ニオイが臭いだけではなく人体に悪影響を与え病気やアレルギーの原因になります。当サイトでは、カビが人体に及ぼす影響や掃除方法について紹介をします
MENU
<スポンサードリンク>

カビの掃除(畳、部屋、壁)エタノールを使うときの注意点とは!?

梅雨の時期の厄介者といえばカビ。
放っておくと健康にさまざまな悪影響を与えます。

 

掃除が必要ではありますが、カビの生える場所によって方法はさまざま。
そこで今回は、とくにやりにくい場所の掃除方法を紹介したいと思います。

 

部屋に生えたカビの掃除方法

次に部屋の掃除ですが、一口に部屋と言ってもいろいろなものが
ありますので、ここでは窓と家具の掃除方法を紹介していきます。

 

ガラスは、スプレー容器に入れた消毒用アルコールを
ガラスの全体に吹きつけ、雑巾で拭くだけでOKです。

 

サッシもアルコールを吹き付けたあと、布やペーパータオルを
巻きつけた割り箸やブラシを使って、ゴミごと取り除いてしまいましょう。

 

換気をして水分を飛ばすこともお忘れなく。

 

家具

カビの生える家具は、だいたいが木製です。
漂白剤を使うと傷みやすいので、ここも消毒用アルコールを使いましょう。

 

手順はいたって簡単。

 

スプレーでアルコールを吹きつけ、乾燥後に乾拭きするだけです。
濡れた雑巾だとカビを広げてしまうので必ず乾いたものを使いましょう。

 

壁に生えたカビの掃除方法

最後に壁です。

 

多くの住宅で壁紙を使っていますが、そこにカビが
生えてしまった場合、自分の手で完全に除去するのは至難の技です。

 

どれほど頑張っても色素は残ってしまいますので、完全になくして
しまいたい場合は業者にお願いすることをオススメします。

 

ここで紹介するのは、健康に影響が出ないレベルまでカビを取り除く方法です。

 

まず、カビの生えた箇所にアルコールを吹きつけます。

 

雑巾にもアルコールを染み込ませて、カビの生えた箇所をこすります。
乾燥後、もう一度アルコールをカビに吹きつけて終了です。

 

エタノールの威力と注意点

以上のように、カビは発生する場所によって掃除の仕方が違います。
しかし、共通点もあります。

 

それはどの場所でも消毒用アルコールを使っているという点です。

 

消毒用アルコールにはたいてい「エタノール」が使われていますが
このエタノールがスゴイんです。

 

エタノールをカビに使うとき、殺菌効果に加えたんぱく質を分解するという効果あります。

 

エタノールがカビの除去や予防に効果を発揮するのはこういう理由です。

 

したがって、場所に合わせてカビ取りグッズを用意しなくても
エタノールが一つあればバッチリなんです。

 

ただし、注意点があります。
一つ目は種類。

 

必ず80%に薄めたものを買うようにしてください。
ドラッグストアなどで「無水エタノール」というものも取り扱っています。

 

無水だと殺菌効果が発揮されず
結局水で薄めることになるので手間がかかります。

 

二つ目は火の気。

 

小学校の理科の実験で使われるアルコールランプも中身はエタノールです。
つまり燃えやすいんです。

 

したがって、エタノールを使うときは
必ず火を止めて、換気をしてください。

 

使い方を守り、安全に掃除をして、生活を快適にしていきましょう。

 

畳に生えたカビの掃除方法

まず消毒用のアルコールをスプレー容器と小分け容器にそれぞれ移します。
小分け容器に入れたアルコールにブラシを浸しておきます。

 

スプレーでアルコールを畳全体に吹きつけ、15分程度そのままにしておきます。
下準備は以上です。

 

時間が経過したら、浸しておいたブラシを畳の目に
対して平行に動かし、カビを取り除いていきます。

 

ブラシはこまめに洗い、小分け容器が汚れてきたら
アルコールも入れ換えましょう。

 

ブラシでかき出す→洗う、をカビがなくなるまでくり返します。

 

ひととおり取り除いたら、消毒用アルコールをスプレーで
拭きつけながら、目に沿って乾拭きしていきます。

 

最後に扇風機などを使って、畳に残った水分を飛ばして終了です。

<スポンサードリンク>
このページの先頭へ